雑記

2019年1月26日 (土)

2019年も明けて

2019年になって半月以上が過ぎた。

 
一昨年秋に転勤して以来、毎年11月から
 
年明け1月半ば過ぎまでは通常業務の他に
 
イレギュラー業務もありバタバタしている。
 
そんな中、ハワイから帰国して仕事バタバタな
 
日々の中、無理やりに絵本ダミーを作り
 
一番やってはいけない
 
「初稿を見せる」をやってしまい、当然撃沈(^^;)
 
編集者さんは大風邪でものすごく具体が悪かったのに
 
そんなひどいのを見せてしまった。
 
これにはさすがに落ち込んだ。
 
今、もう一度「モノを創る」ことについて
 
思うことあり、である。
 
働く中年として、気力体力時間は限られている。
 
ほんとうに自分にとって大事な人、物事、環境を
 
しっかり精査し、「選び直す」時期に来ているのかも
 
しれない。
 
逆に、心をオープンにして、たくさんの素敵な人や物事にも
 
出逢って関係を紡いでいきたいとも思う。
☆おまけ      
190126
都内カフェの窓から、年に1度ダイアモンド富士が
 
見えるのです(^^)
 
190126_2
昨年末からのマイブーム。
 
猿田彦珈琲は美味しい!
 
もし店舗に行かれる機会がありましたら、
 
ハンドドリップをお勧めしたい!
 
ここのならブラックで飲んでも本当に美味しい。
 
私は猿田彦マイルドをよく頼みます。
 

2018年11月11日 (日)

2018 Hawaii

なんとまあ。

 
前回更新が8月26日とは、2か月以上ご無沙汰かい。
 
今年の夏は暑かったねえ・・・
 
秋分の日を過ぎたあたりから、ようやく調子を取り戻してきた。
 
暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもんだ。
 
で。
 
先月末。9年ぶりに海外旅行に行ってきたので
 
ざっくり忘備録をば。
 
行き先は今さらですが、初ハワイ(笑)
 
きっかけは過去2年の御蔵島ドルフィンスイム
 
体験があまりにも過酷だったから。
 
 
 
 
太平洋の外海で5月で野生イルカを追いかけての
 
ドルフィンスイムは、波は荒いは流れは早いは寒いは
 
団体行動で自由時間がほぼない、修行のような旅。
 
取材目的もあったとはいえ、正直辛かった・・・。
 
イルカと泳ぐことをメインならば、御蔵島は最適ですが、
 
もっと海とのびのび関わりたい。
 
もう少しあったかい、穏やかできれいな海で気楽に
 
自分のペースでのんびり泳ぎたい、と思っていたところ。
 
昨年秋から今の職場に転勤したのですが、
 
そこがまさかのハワイの猛者ぞろい(笑)
 
行って来い行って来い、旅費が高い?
 
HISのスーパーセールがあるだろう?などと
 
本当に多岐にわたってアドバイスをいただき、
 
ようやく行ってまいりました。
 
ありがたい限りです。
 
3泊5日の弾丸ツアーでしたが、湿度の低い
 
さわやかな、貿易風がいつも吹いている
 
ゆったりとしたハワイ・・・。
 
 
181111
部屋はワイキキビーチが一望できます。
 
181111_2
サンドバーというところにオプショナルツアーで
 
行ってまいりました。
 
181111_3
シュノーケルもやりました。海ガメが寝てました。
 
大変に穏やかな海です。
 
181111_4
これは、オプショナルツアー、キャプテンブルース
 
天国の海ツアー実施の際、よく遊びに来る
 
野生海ガメのバニー。
 
他にもワイキキビーチでも泳ぎました。
 
のんびり、あったかい海を堪能・・・。
 
181111_5
アイランドヴィンテージコーヒーには
 
滞在中3回通った(笑)
 
コナコーヒー美味しい・・・
 
久しぶりに、ああ海って楽しい、って思えた。
 
心身をゆっくり開放してまいりました。
 
もうすでにハワイロス、日本にもある
 
アイランドヴィンテージコーヒーに2度も
 
通ったという(苦笑)
 
また絶対いくぞ、ハワイ。
 
ではではまた。
 
 

2018年8月26日 (日)

うお座の満月だそうです

今夜は21時ごろに魚座の満月。

 
とてもきれいなお月さま。
 
今年の7月8月は日食や月食が続く
 
天体イベント花盛りの夏だったけれど。
 
今夜の満月は、なんだか優しくて
 
妙に泣けてくるなあ。
 
180826

2018年8月19日 (日)

暑すぎる夏

なんと6月上旬にアップして以来、2か月以上

 
ブログをアップしていない!
 
あまりの暑さに、本当に心折れそうになっておりました。
 
この週末は暑さと湿度が和らぎ、つかの間の
 
穏やかな、本来の夏の日、という感じがいたしました。
 
ひとまず美味しいパンとジャムを成城石井で見つけて
 
軽井沢の朝ご飯ごっごを楽しんだ週末です。
 
もう少し落ち着いたら、またアップします。
 
180819
 

2018年4月29日 (日)

4月の終わりと満月と

早いもので、明日で4月がおわる。

 
ライブに旅行に、イベント続き。
 
日頃地味に暮らしているせいか、
 
ちょっとこういうのに慣れない。
 
ようやく落ち着いて、ほっとしている。
 
ライブ評を・・・と思ったものの、今さら(苦笑)
 
きっとあちこちで様々な方が記事をアップ
 
されているはずだしね。
 
明日4月30日は満月とのこと。
 
お休みの方も、そうでない方も。
 
ちょっと夜空を見上げてみてはいかが?
 
180429_7

2018年4月22日 (日)

鳥羽の海より

180422

この週末は伊勢神宮と鳥羽へ旅してきました。
 
両親の金婚式をお祝いする旅。
 
家族全員での旅行は30年ぶりくらい、
 
必ず誰かが抜けていたりしたので。
 
ホテルの窓から、鳥羽の朝焼けの海です(^^)

2018年4月 8日 (日)

 「そして、ぼくは旅に出た。」本とトークイベントと

どうもです。  

 
絵本寺子屋でお世話になっている方が    
 
出版に関わっておられる関係から、
 
とある本のトークイベントに先日参加しました。
 
その本とは、
180408_3       
 
 
 
大竹英洋著 あすなろ書房刊
 
本著は昨年3月に発売され、寺子屋回覧で
 
教えてもらいました。
 
北米の森ノースウッズをメインフィールドに
 
撮影活動をされている写真家大竹英洋氏の
 
大学卒業後の進路を決める不思議な旅の
 
お話です。
 
もともと東京でずっと育った都会っ子の大竹氏が
 
登山を機に自然に目覚め、写真家として
 
なぜ北米に行くことになったのか。
 
夢に出てきたオオカミをヒントに、自然写真の
 
権威であるジム・ブランデンバーグ氏を訪ねて
 
写真のカヤックに乗り、ミネソタ州北米の森へ
 
旅立ちます・・・って、なんだかスピっぽいですが
 
まったくもってスピではなく、実話なんだそうです(!!)
 
そして、なんだか無茶で無謀にも思えるこんな旅、
 
どれほどマッチョな人がやるんだろう?と思いきや
 
語り口が穏やかで静かな、むしろ内省的文学的な
 
方のようでもあります。
 
ジムの写真集などを頼りに湖を渡り、ようやく
 
ジムに巡り合うことが出来ました。
 
そこで、ジムの友人でこれまた世界的な探検家
 
ウィル・スティーガー氏を紹介され、観光ビザが
 
切れるまでの期間、彼らの家に滞在を許され、
 
にわか写真修行が始まるのです。
 
そして、ウィルが地元の子ども達に
 
「どうしたら探検家になれるか?」と尋ねられた際の
 
答え「ブーツを履いて、今すぐ歩きだせ」の回答も
 
本質をついています。
 
まずは一歩を踏み出す、そして結果をむりに急がず、
 
一歩一歩前を向いて歩んでゆけばよいのだ・・・。
 
とかく「結果を急ぐ」世知辛い時代ではありますが
 
だからこそ、「回り道をすること」の豊かさと
 
大事さをこの本と、ジム、ウィル、大竹氏は
 
教えてくれます。
 
こうして、大学卒業後の大竹氏の写真家への道は
 
静かに、ゆっくりと始まりました。    
 
 
それから約20年の時が流れ・・・
 180408_14
 
先日4月3日、池袋ジュンク堂にて発売から
 
1年が経過しての一区切りトークイベント では、
 
 
発表されました。
 
大竹氏ご本人をお見かけしたところ、
 
著書通り、決してマッチョな感じではなく、
 
「週末山に登っている、システム部の課長さん」
 
みたいな風情の方でした(^^)(ってどんなだ!)
 
ちょうど大竹氏は本が出版されたことを
 
先達のジムやウィルに報告をして帰国したばかり
 
とのことでした。
 
お二人はいずれも70歳ちょい過ぎ。
 
「あのとき、ブーツをはいて歩きだして
 
良かったね」という言葉と共に、
 
おまえは幾つになった?と問われ、
 
「43歳になりました」と答えたところ、
 
「そうか、じゃあこれからまだ40年は旅が
 
できるな」という言葉を頂いたのだとか。
 
40年・・・!!!
 
ちょうどお二人とも、それぞれが
 
20年のプロジェクトを終えた、とか、最長旅を
 
終えたばかり、というタイミングだったそうで、
 
彼ら自身、まだあと10年はやれるな、という・・・。
 
一瞬聞き間違いかと思ったよ(^^;)
 
なんて気の長い、壮大なスケールの話なんだ!!!!
 
と、同時に、ああ、今日はこの話を聞きにここに
 
来たんだな、おいら・・・と深く納得してしまいました。
 
少なくともこの半年間、何度か同じようなイベントが、
 
主に平日晩に都内大手店にて開催されていたのですが、
 
転勤直後で気持ち的に落ち着かず、今回ようやく
 
伺うことが出来ました。
 
まさにこのお話を聞くためのタイミング。
 
そうかー80過ぎまで探検しようって人も
 
いるんだからなー・・・まだまだ、人生これからさー!
 
と、心がほっと温かく明るく希望が持てます。
 
もしご興味がありましたら、ぜひご一読くださいね。
 
ではでは(^^)
 
 
 
 

2018年4月 1日 (日)

4月

早いもので、今日から4月ですな。

 
スギ花粉症にとっては、今年は花粉飛散量が
 
多いのでトホホなのですが。
 
花粉が怖くて桜が見れるか!と気合いで
 
ご近所にお花見。
 
180401
空から日本列島を見てみたら、
 
きっとピンク色なのでしょうな。
 
散りゆく桜も美しいけど、もう少しだけ
 
楽しませて欲しいなり(^^)

2018年3月21日 (水)

春分の日

本日は春分の日です。

 
天文観測により、昼と夜の長さが
 
等しくなる日、です。
 
西洋占星術では、太陽が12星座のうち
 
いちばん最初に位置する牡羊座に
 
入ることから、星占い的には「元旦」
 
みたいな日だそうです。
 
本来なら、春めいて「春を分ける」
 
分岐点、区切りのような日なのですが
 
あいにく東京は朝から大雪でした(^^;)
 
180311
3月の絵本の寺子屋では、
 
わたしがもちまわりの分析読み発表の担当を
 
仰せつかり。そのレポートまとめを終日
 
やっておりました。
 
だいちゃんとうみ という、大好きな絵本を選びました。
 
一度取りあげられた絵本は使えないので、
 
何とか自分でやりたいなとひそかに狙っていた作品。
 
一昨年お亡くなりになった、絵本会の重鎮、
 
太田大八 氏の、子ども時代の思い出を詰め込んだ
 
夏休みの一日を題材にした作品です。
 
編集者さんが本作を取り上げたことを思いのほか
 
喜んでくださったのは、挿絵などの著作権について
 
闘って権利を勝ち取ってくださった第一人者が
 
太田大八氏なのだそうで、
 
「みなさんどれだけ感謝しても足りないくらいですよ。
 
昔は挿絵や、絵本の絵を描く人はずいぶん地位が
 
低くて、印税なんて夢のまた夢だったんですから」
 
とのこと。
 
そんなことも含めて、この絵本を選んで良かった(^^)
 
とても地味で静かなお話なのですが、繰り返し読んでも
 
飽きがこない、力強い作品です。
 
こういう作品を自分も創るんだ!とあらためて思う
 
春分の日であります。
 
180321
春はまだですが、心の中だけでも明るい日差しで
 
いっぱいにして、春を呼び込みたいものです(^^)
 
ではでは。

2018年2月24日 (土)

さよなら40代、はじめまして50代

どうもです。

 
本日50歳になりました。
 
40代は、思いがけず楽しいものでした。
 
マイケル・ジャクソンに出会ったり、
 
ランニングを始めたり、
 
絵本や絵本の編集者さん、
 
素晴らしい人達ともたくさん出会え、
 
素晴らしい友人にも恵まれました(^^)
 
そりゃ楽しいことばっかじゃなかったし、
 
もう取り返しのつかないほろ苦い思いも
 
含めて、でも「あー楽しかった!」でした。
 
さよなら40代。
180224
 
そして、はじめましての50代が今日から始まりました。
 
なんだかんだ半世紀。
 
そろそろ、社会にお世話になったものをお返し
 
しなくちゃなあと。
 
人生出たとこ勝負、無いものを数えるよりも
 
あるものを最大限生かして楽しく生きる、が
 
ある時期からの座右の銘になりました。
 
なかなか計画通りにはいかないところもあるけれど、
 
思いがけない素敵なこともたくさんあるので、
 
目標を持ちつつ出たとこ勝負で。
 
 
180224_2
はじめまして、50代!
どうぞ今後ともよろしくです(^^)

より以前の記事一覧