創作あれこれ

2019年4月 7日 (日)

映画を参考に構成を学ぶ=跳んで埼玉(笑)=

前回新装開店の1月下旬から、まさかの2カ月弱

ご無沙汰です。

その間、

「物語る」について、これまでと違った角度からの勉強を

コツコツ進めていました。

絵を描く人に見受けられるパターン、絵本を作る際に

私も典型なのですが「感性」で物語を創ってしまいがち。

ですが実際には「論理」「構成力」「計算」が必要だったりします。

私はここが本当に弱い。

昨年末、編集者さんにこんこんと説教されてから(号泣)

「構成力」養成ギブスをつけて特訓と相成りました。

まずは、「これだ」という絵本を深く読みこみ分解してゆくこと。

題材は20年以上発行され続けている作品と昔話にしぼっている。

ここはまたいずれ。

機械少年がパソコンやテレビを分解して、仕組みを理解してから

自力で組み立て直すような感じです。

もうひとつは、映画の脚本等をメインに

物語のパターンを学んでゆくこと。

原始時代から、人々は火を囲んで物語を語ってきました。

ギリシャ神話を含め、その物語には一定のパターンが

あると言われています。

家でいう基礎工事の部分をしっかり学び、その上で自分なりの

書きたいこと、世界観を表現していけば、自分なりに

「これまでと同じジャンルだけど、ちょっと違ったもの」が

出来るのでは?と考えました。

我ながら遅まきで情けないんですが…(泣)

例として、今大ヒットしている映画「跳んで埼玉」を挙げるとですね(!)

①その映画を2行位の短文で説明する:

人を映画に誘う時、どんな映画?って聞かれて、

こういう映画だよって答えられるかどうか。

ここが明確イコール伝えたいテーマや見せ場が観客候補に伝わりやすく

興味を持ってもらいやすいということです。

その答えに主人公がどういう人なのかも含まれている。

絵本もそうだけど、映画代も安くないですからね。なるべく失敗は

したくないというのは人情ってものです。

で、跳んで埼玉なら?

「これはフィクションでさ。埼玉県を東京が見下し迫害する時代があってね。

二階堂ふみちゃん演じる都知事の美しく賢い王子様的な息子が君臨するセレブ高校に

Gackt演じる帰国子女が転入して、なぜか最後二人は埼玉を解放するんだよ」

こんなんでどうでしょう?

②ジャンル:バディとの友情もしくはラブストーリーでは。

当初、バディはお互いを嫌っているが、旅をしていくうちにお互いの存在が

必要になる…これも結構お決まりのパターンの一つです。

都民、それも港区あたりの都民であること、権力者を父に持つことに

強い誇りを持ち、人に弱みを見せられなかった、都知事の息子。

一方、埼玉をさげすむくだらない価値観に辟易する帰国子女。

この二人がなぜか惹かれあってゆく…って、これってボーイズラブ!?

③主人公:都知事の息子、壇ノ浦百美。

 前半はとことん埼玉を見下し、差別するが、後半は埼玉を救い

 日本を埼玉にしてゆく計画の推進者となる。

 なぜ埼玉を救うのか?それはネタばれになりますが、Gackt演じる

 帰国子女、麻実麗が実は埼玉県人で、埼玉解放運動の

 リーダーの息子だから…ってなんじゃそりゃ(笑)

 そんな麻実麗を、百美は好きになってしまったから…という

 原始的かつ分かりやすい動機。

 よって、一番葛藤し、変化を強いられるのは、埼玉という異物を

 受け入れようとする百美なのです。

…ってつらつら久しぶりに書いてみたんですけどね。

当初私は、百美の母親役で出演している武田久美子さんを

ひそかに応援しているために観に行ったわけなんですが。

「中途半端にやるといじめになるから、いじるなら

徹底的に!」という、原作者魔夜先生のお言葉通り、

ものすごいディスリっぷりなわけです。通行手形がないと

埼玉県人は東京には入れないとか、その辺の草でも食わせておけとか!

ですが、後半からの埼玉愛が素晴らしい!

なんだこれ、壮大な埼玉ラブムービーじゃねえかよ!

個人的には千葉県ラスボス、市原悦子氏登場シーンが

お気に入りです。

あと、百美と麗が逃げて一休みする池袋(笑)

TOBUとSEIBUのロゴが泣けます。私は都民なのですが

未だにブクロが分かりません…なぜ西口の東武デパート、

東口に西武デパートなんだ!と。

すごーい茶番劇を、ベテラン個性派俳優さん達が熱演、

とりわけGacktさん!存在自体が都市伝説っていうんですか?

彼の登場で「あ、これフィクションなんだなー」って

思わせてくれるのです。

スタッフは、監督が「テルマエロマエ」「のだめカンタービレ」で

お馴染みの竹内英樹監督、他のスタッフも一流揃いで

大変楽しいエンターテイメント映画になっています。

あ、こんな分析抜きにしても、ぜひスカッとしたい方には

おススメ(^^)

久々のアップが映画ネタですみません、次回はちゃんと絵本で

やりますね。

ではでは。

☆おまけ:なんかさ、与野と群馬が実は結構ひどい扱いなんだけど

     大丈夫なのか?ちなみに私は多摩地区の住民なので

     セレブ学校では下の人です(苦笑)

 

 

 

 

 

2017年8月 6日 (日)

バージニア・リー・パートンのちいさいおうち展

8月、どうもです。

 
絵本寺子屋のダミー提出と、職場の繁忙期も
いったん終了し、落ち着いた数日を過ごして
おります(^^)
 
絵本寺子屋の編集者さんに教えていただき、
駆け込みで行ってまいりました展示の
ご紹介です。
 
8月9日(水)まで開催の、
170806_2
バージニア・リー・パートンは1909年生まれの
アメリカ人絵本作家です。
 
代表作は、展示タイトルにもあります
170806_4
 
とあるちいさいおうちと、おうちを取り巻く環境の
変化の物語です。
 
ちょうど先進国で都市化が進み、どんどん環境が
破壊されていく中、ちいさいおうちだけは
取り残され、ぽつんとさみしいまま時が
過ぎて行きますが、やがて・・・という物語。
最後はほっこりとハッピーエンド♪
 
170806_5
1942年に素晴らしい絵本に与えられる賞、
コールデコット賞を受賞されています。
 
 
本展示は絵本原画や工房でのデザイン原版など
貴重な資料が数多く展示されています。
 
ひとつにはバージニアが、翻訳家の石井桃子氏と
大変親しく、大変な親日家であることも関係する
ようです。
ご家族や彼女が立ちあげたデザイン工房の方の
貴重なインタビュー映像も大変見ごたえがあり、
これだけでも1時間近く。

170806_6

(一部撮影可な場所もあります)
 
デザイン工房の方のお話で印象に残ったのは、
当時のアメリカはウーマンリブ運動が盛んで
女性の権利を女性達が主張していた時代。
ですが、
「バージニアは運動はしませんでした。
工房を立ち上げ、ただただ実践したのです」と。
 
そう、女性の権利をよこせだなんだではなく、
フォリーコーブ・デザイナーズというデザイン
工房を作り、地域の意欲ある女性達に
デザインの手ほどきをして、商品として成り立つ
美しい布地を作り出し、雇用を生んだのです。
 
また、絵本に関してのゆかりのある編集者さんの
コメントだったかと思いますが、
「つくった絵本を13の出版社に持ち込んだところ
すべて断られたとのことです。
そこで、その絵本を自分の子供達に読んで聞かせようと
したところ、ものの数分で子供達は寝てしまったのです。
彼女はそこで、
 
同じ子供が同じ物語を1か月繰り返し読み聞かせて
もらっても寝ちゃわないもの
というようになったそうです」と。
       170806_8
最後の作品は、せいめいのれきし
地球の誕生から現在までの生命の歴史をひもといて
います。
170806_9
 
そして最後のページの言葉です。
 
「さあ、このあとは、あなたのおはなしです。
 
主人公は、あなたです。
 
ぶたいのよういは、できました。
 
時は、いま。
 
場所は、あなたのいるところ。
 
いますぎていく1秒1秒が、
 
はてしない時のくさりの、あたらしいわです。
 
いきものの演じる劇は、たえることなくつづきー
 
いつもあたらしく、いつもうつりかわって、
 
わたしたちをおどろかせます。」
 
(せいめいのれきし、より抜粋。
 岩波書店刊
 バージニア・リー・パートン文と絵
 いしいももこ訳
 まなべまこと監修)
 
実践あるのみ、の絵本作家は、
未来のわたしたちにバトンを渡してくれました(^^)
 
170806_11
8月9日(水)まで開催です。
企業内のギャラリーにつき無料なのですが
日曜祝日はお休みでした。
 
映像など見ごたえがありますので、もし
行かれる方は時間に余裕を持って、ぜひ(^^)
 
 

2017年7月23日 (日)

締切直前につき

どうもです~

来週が絵本寺子屋なのですが
久々に絵本ダミーを提出予定です。
 
締切直前につき、今回はこれにて!
昨日までに全文章と画面構成を決めて
1枚1枚起こしております。
なんとかなりそうだ、というメドを立てた
段階で、
一時現実逃避(^^;)
170723
実生活にまったく関係ないようなもんを見て
お茶だけして帰ってきました(^^;)
 
あともう少し~!!!
ではではまた(^^)

2017年5月13日 (土)

御蔵島イルカ合宿再び ③旅を終えて

どうもです。

いつも日曜晩更新ですが、前倒しで
アップしております。
 
東京は終日雨の1日でございました。
連休が終わってのお仕事はほどほどに
慣らし運転な1週間でしたが、
いえいえ、ありがたいですよお仕事。
 
外海でイルカと泳ぐより楽(^^;)
 
先週、5月3日から5日までの御蔵島
イルカ合宿に、1年ぶりに参加しました
旅の記録を①目的と結論
        ②日程のこと  とまとめました。
 
今回旅を終えて1週間の今の感想です。
 
今一度、御蔵島の位置をば。
伊豆諸島、三宅島の少し先にあります。
東京の竹芝ターミナルから7時間、
東海汽船に揺られてゆきます。
160430
今あらためて思うこと、それは。
 
昨年同様、この旅は禊ぎ(笑)       
 
170505
思えば、古来から海に入り穢れを落とすなんて
ことを言いますよね。
 
この外海の荒い波は、日頃浮世でつけてしまった
世俗の垢などを全て洗い流してくれました。
 
自分にとって本当に大事なのはなにか?
だけを残して。
 
おそらくこの、御蔵島という場所も関係するのかも
しれません。
170505_2
野生のイルカが、こんな人間の近くで泳いで
くれるなんて、そうはないわけです。
御蔵島ドルフィンスイムには、イルカに触らないなど
ルールがありますが、
その他にも、イルカボートの船長さんにいたっても
やたら未経験の船長が増えないよう、厳格な
修行制度があるのです。
 
もともと港が小さく船の接岸率も低いため
よく食糧を載せた船が欠航し、資源も乏しいことから
食糧確保には大変苦労をしてきているそう。
 
そのため、むやみに島民も増やさず、イルカ客目当ての
観光客用ホテルも増やさず、自然や食糧確保の
バランスを厳しく保っているのです。
170505_3
 
だからかな、海で島、なんだけどリゾート地ではないから
どこか雰囲気が厳かなんですよね。
 
そんな中、数少ない島の宿をツアー客で利用するため、
体育会系の合宿並みな団体行動が要求されます。
 
だいたいが観光客はイルカが目当てだし
東海汽船は1日1便で同じ船で来るし、
30分前後ずらして限られた島のイルカボートで
スイムするので、宿に戻る時間も重なるわけです。
 
ただでさえ小さい宿の小さい浴場もトイレも
宿の部屋も、宿の夕食もぜーんぶ共有、時間も一緒。
 
コンセントでさえ共有でスマホやら水中カメラやらの
充電もあるから、一人だけ落ち着いてドライヤー
なんてかけていられない・・・。
 
宿が少ないせいもあり、あまり一人の客が連泊
させてもらえる感じでもなく、皆さんだいたいが
1泊して、出発日の午前中ぎりぎりまでスイムして
昼の東海汽船で竹芝まで戻るわけです。
 
宿は、私は昨年と同じく御蔵荘という
村営ホテルに泊まりましたが、ご飯いい!
デザートまで手作りでした。
設備ももちろん良いですし、キレイ。
オーナーさんご家族も大変親切。
泊るならここがお勧めですが、
各ツアー会社で押さえている部屋が
あるため、必ずここを使えるかは
分からないようです。
 
メニューだけ載せておきますとこんな感じ。
170504
はい、当然魚メイン、肉はありません。
大変美味しいけどアシタバは常にある。
全体的に魚と野菜です。ヘルシーです。
 
 
これは禅寺の修行だよ(^^;)

貴重な連休に何をしているんだ、オレって
感じですが、人里離れた修験道場にて
2回修行を経験して、迷いや煩悩を
禊いできた、さあこれからまっすぐな気持ちで
行け・・・というのが今の素直な
感想です(苦笑)
 
どなたかのご参考になればぜひ(^^)
ではでは!
 

2017年5月 7日 (日)

御蔵島イルカ合宿再び ②日程のこと

5月3日から5日にかけて、絵本の取材再びで

伊豆諸島の御蔵島 に行ってまいりました。
 
野生のイルカと泳ぐ、ドルフィン・スイム・ツアーに
昨年同様に参加しました。
 
日程は昨年と同じく:
1日目:竹芝桟橋に集合。
     22時半発の東海汽船橘丸 に乗船。
橘丸
    船の中で1泊します。
 
2日目:朝6時に御蔵島到着。
     170505
     太平洋外海ど真ん中にある小さい断崖絶壁の島です。
ご覧の通り、人が住めるのは港近くのごく一部のみ。
あとは自然に囲まれ、いたるところにイルカの
ウオッチングポイントがあります。
 
宿に着いて仮眠を取った後、初心者は港近くの湾で
シュノーケルの練習をします。
170504
ここは波もなく穏やか。深さは3mくらいでしょうか。
 
いったん宿に戻り、午後2時半から4時半まで
イルカボートに乗り、ドルフィン・スイムです。
 
170504_2
湾付近はまだ波も穏やか。
揺れ具合は地下鉄くらいかな。
銀座線としておきましょう。
 
170504_3
 
沖に出ますと・・・波はかなりあります。
揺れ具合としては、平均して
デイズニーランドのスターツアーズ。
ジェットコースターレベルです。
 
銀座線→スターツアーズ。
 
もう・・・へろへろです(^^;)
 
そして、この回のスイムは私は1回しか
船酔いでエントリー出来ず、また、イルカも
あまり出なかったんです。
 
宿に帰って夕日を見ながら晩御飯。
170504_4
 
3日目:朝7時半からイルカボートに乗ります。
    よって朝食は宿で取れず。
    各自が持参した軽食をお腹に入れ、
    宿の朝食はお弁当にしていただいて
    ドルフィン・スイムから戻ってからになります。
 
    170505_6
 
    ツアー参加のみなさんとガイドさん、船長さん、
    アシスタントさんと船に乗り込みます。
    ものすごい勢いでボートをかっとばすため、
    船でカッパを貸し出してくださいますので
    みなさんカッパ着用です。
 
    170505_2
はい、銀座線→スターツアーズ再び(苦笑)
 ジェットコースター並み!
昨年の2日目は朝6時半のスイムでしたが
べた凪ぎだったんですね。
でもそれは滅多にないことだそう。
今回かなり波が荒い・・・と思いましたが、
ツアー参加者の中にいらした、御蔵島ツアー10年めの
ベテランさん曰く、ごく標準、だそうです!!!
 
170505_3
 
こんな感じで、ジェットコースター並みに
揺れながら、ポイントに来ると、どぼん!
170505_4
イルカきた!!!!
 
この回も私は途中から船酔いでしばらく
ボートで休んでましたが、ラスト1本は
イルカ3頭くらいのグループが次から次へ
やってきたので、最後の力を振り絞って
海に飛び込みました。
170505_5
ただ、波がとにかく荒くて、写真がぶれぶれ(^^;)
 
ドルフィン・スイム終了~
170504_5
港に戻ります。
 
その後、宿のシャワーをお借りして仕度をし、
12時半の橘丸で御蔵島とお別れ。
170505_7
 
さすがGWだけあって船は満席でした。
島の方と港でお別れ。
船は一路竹芝へと向かいます。
 
170505_8
1時間ほどで三宅島に着きます。
 
その後さらに大島へ立ち寄り、竹芝へと
着いたのは20時半頃でした。
170503
以上が旅の日程になります。
 
だいたい、どこのドルフィン・スイム・ツアーも
同じような日程のようです。

御蔵島イルカ合宿再び ①目的と結論

どうもです。

本日でGWもおしまいですね。
 
私はカレンダー通りのお休みでして
この5日間のうち、3日から5日まで、
御蔵島 へ行ってまいりました。
 
Whole view of Mikurajima.jpg
 
地図でいうとこのあたり・・・。
160430
伊豆諸島、三宅島の先にあります小さな島。
 
御蔵島には野生のイルカが住み着いており
ちょっと沖に船で出たらば、野生のイルカと
遭遇でき、うまくいけば一緒に泳げるという
ドルフィン・スイムを体験することが出来ます。
 
昨年、絵本の取材で初めて体験しました
記録はこちらです。
 
初ドルフィン・スイムなので気合い入って
5本記事アップしていますが、
写真が多くご参考になるのは⑤だけかと(^^;)
 
今回はもっと簡潔に、まずは目的と結論から。
 
<目的>
昨年のリベンジ(爆)
 
昨年行ったはいいが、結構しんどかった。
船酔いはひどいは、マリンスポーツ未経験者が
経験豊富な人達にまぎれ、たった一人で
合宿生活に参加したのはきつかった。
 
おかげで、正直、海とイルカが素晴らしいと言えず
おっかない記憶が勝ってしまった。
イルカの絵本の取材だったはずなのに
「海とイルカこええ・・・・大変」な気持ちで
絵本の下書きが行き詰っていた。
 
もう二度といい・・・と思っていたが、
2月頃から、御蔵島の透明な海が無性に恋しく。
もしもGW初日に出発日のツアーが取れたら
再度チャレンジしようと思った。
 
<結論>
自然は甘くなかった(^^;)
 
でも。
イルカも海も、素晴らしいと思えた。
再度チャレンジした甲斐はあった。
 
大自然は偉大な先生だった。
 
船酔いは相変わらずだった。
 
現地のイルカ船船長曰く、本当にイルカと
ちゃんと泳げるようになるには、最低50本は
潜らないと・・・だそうで!
 
前回が、海に浸かり、イルカをぼおおっと
見ているだけで終わっただけなら、
今回は、イルカに近づこうと追いかけた。
 
 
まずは目的と結論でした。

2016年12月11日 (日)

創作の原点回帰 ⑧まんが日本昔話

どうもです。  

 
自分の創作の原点を探る旅も今回で8回目となりました。
回り道だけどやって良かったなと思ったのは、
子供時代の嗜好を全肯定出来たことでしょうか。
 
とかく、漫画やテレビアニメは下に見られがちな
アート、絵本、イラストの世界。
 
かろうじて言えるとしたら、ムーミンくらいでしょうか。
161211_2
他はもう・・・たとえば「ジャングル大帝」とか
子供時代に親しんだ作品を見るにつけ、
「これだけの名作がわんさか発表された
黄金期に子供時代を送ることが出来たのか!
なんて素晴らしい子供時代だったんだろう!」と
思わずにはいられませんでした。
 
だからもう、子供時代に好きだった漫画やテレビアニメ、
胸を張って堂々と言えますもん(^^)
しょーがないじゃん、名作、金字塔の宝庫だったんだから。
子供ですら良さが分かるっていうのは
本質が優れているから、なんじゃないのかな?
 
こむずかしいアート作品なんかより、
ずっと子供達に良いことをおしえてくれたよ、
あの頃のテレビアニメや漫画達は。 
 
 
で。もうひとつ、テレビアニメを語る上で忘れられない良品が
あります。
161211_3
この画像を見て、
♪ぼーやー、良い子だ、ねんねしな~
 いーまもむかしも変わりなく~♪という
市原悦子さんの歌声が聴こえてきたら、
ゆーったりと竜が空を舞う映像が浮かんできたら、
はい、あなたも私と同世代(笑)
 
30分番組で、様々な昔話を2本、毎週
放映していた番組です。
語り部は、市原悦子さんと常田富士男さん。
161211_4
あら画像でかい!
私にとっての市原さんは、まんが日本昔ばなしの
語り部さん、なのです。
なので後年の「家政婦は見た」はちょっと
ピンとこないんだな(^^;)
 
毎回、様々な地方の昔話を、様々なタイプの絵で
見せてくれる番組でした。
161211_5
 
161211_6
 
161211_7
 
161211_9
ざっと並べただけでも、いろんな絵のタイプ。
 
で、こっけいなお話もあるんですが、時に
怖いお話もあったりします。
 
私がいまだに、なんとなーくですが覚えているのは、
あずきに関するお話です。
161211_10
洪水のひどい土地で、本来ならぜいたく品の
あずきを、重病の娘にこっそり食べさせた男。
娘はあずきを食べることができたうれしさを、
ついつい手まり歌を歌いながら表現してしまい、
それがお上に知れ渡り、男は人柱として
川のほとりに埋められてしまう。
161211_11
 
数年が経ち、とある猟師が山できじを撃つ。
捕まえに行くと、そこに娘がきじを抱いて
立っていて、ぽつりとつぶやいた。
「きじよ、おまえも鳴きさえしなければ・・・」
161211_12
それ以降、娘の姿を誰も見ていない。
 
・・・・。
こわいーこわいよー(^^;)
後味悪っって感じですが、決して楽しい話ばかりで
ないところも、この番組のおもしろいところです。
 
ただ、今回思いだしたのは、私は内容を多少
ごっちゃにして覚えていたこと。
人身御供、というのと、娘、というワードのほかに
「あずきとぎましょうか、しょきしょき」という
歌があった気がしたのですが、それは別のお話でした。
161211_14
その名も、あずきとぎ
こちらはわりとユニークなお話。
頭のちょっと足りない(笑)兵六という男を、
幽霊が彼を怖がらせようと、
♪あずきとぎましょうか?しょきしょき♪と
歌をうたうお話でした。
161211_15
ふむふむ、よくぞ覚えている、という部分と、
あずきつながりでごっちゃになっている部分と。
 
よく心理学などで、「幼児決心」という言葉を
耳にします。
幼いころに何かいやな思いをした幼児が、
なにかしらを強く決心するのですが、
案外その記憶は断片的で、必ずしも
正しくなかったり。
 
子供時代のことを時に思い出して、
良い子供時代だったと肯定したり、
間違った思い込みを正してみるのも
良いかもしれませんね。
 
ではでは(^^)
 
☆おまけ:
ほぼ毎月、鴨川シーワールドに通って
スケッチにいそしんでおります。
161211_16
晴れ女なので、朝土砂降りでも晴れたり(^^)
ふだんランニングなどでも日焼けには気をつけて
いますし、一応太陽に背を向けてはいるのですが、
お日様は気持ちいいですよね~♪
行くたびに癒されて、ほぼパワースポット状態です(笑)

2016年12月 4日 (日)

創作の原点回帰 ⑦タイムレスな絵が好み

どうもです。

かねてより自分の創作原点を振り返る旅、
先週お休みして今回復活です。
奇しくも先週、絵本作家甲斐信枝さんのことを
調べるべく読んでみた、絵本作家のアトリエ
シリーズ本。
161204_2
読んでみると、ある一定世代の方では
漫画ルーツの方もいらっしゃる!
③では、佐々木マキさん。
村上春樹さん著書の表紙などでもおなじみ。
161204_5
しかもガロ出身ですってよ!
蛭子さんと一緒じゃん!いいんだ、ガロ!
いいんだ、漫画描いた経験あっても!
 
そんなこんなで、大変ベタな、けれど豊かな
漫画やテレビアニメてんこ盛りの素晴らしい
時代に子供時代を送ることが出来ていた・・・
という振り返りをしているわけですが。
 
女子なのに少女マンガをほとんど読んでいない。
以下ビッグ3は一応おさえていたものの、
今読み返したいか?と問われると、もういいかなって。
そのビッグ3とは。
 
161204_6
そばかすだらけの孤児キャンディがお金持ちの家に
養女になり、紆余曲折を経て看護婦さんになり
自立してゆくというお話です。(ざっくりだなあ・・・)
 
161204_8
ダメダメなヒロイン、岡ひろみがお蝶夫人に憧れ、
名門西高テニス部に入部。そこでコーチ達に
しごかれながら、トッププレイヤーへと成長
してゆくのです。
 
161204_9
18世紀フランスを舞台にした、美貌の女性騎士
オスカルと、従者アンドレ、そしてマリー・アントワネット
などが登場する歴史ものです。ベルばら、ですね。
 
思えば、これまたすっごい豪華ラインナップ。
おそらく大人の鑑賞に耐えられるであろう名作ぞろい。
この辺位は読んでいたんですけど・・・
たぶん、少女マンガ特有の耽美な絵が苦手
なんでしょうかね(^^;)
ヒロインとヒーローのロン毛とかも。
161204_10
これはキャンデイ・キャンデイから。
ちょっと不良っぽいテリュースという恋相手。
 
こちらはベルばらの、オスカルとアンドレ。
161204_11
アニメ版の画像なんですけど…ロン毛ですねえ。
 
そしてエースをねらえ!の宗像コーチとひろみ。
161204_12
むーん・・・ロン毛!!!!!!
どうして花が舞う☆が光る!?
 
こそばゆくってしょうがない!
こっぱずかしい!照れがありますねえ。
 
キャンデイ・キャンデイは絵を模写したことも
あるんですけど、一過性で終わってしまった。
 
好みが男の子っぽいというのもあるんでしょうが・・・。
例えばルパン三世。
161204_13
私にとってはアニメ版の絵がおなじみなんですね。
こちらはもう、いまだに大好き。
161204_14
こちらは原作、モンキー・パンチさんの絵です。
 
うーん、そうか。
絵で関して言えば、あまり劇画チックおおげさな
ものは好まないのだな、私、と
自分についての発見をしてしまった今(^^;)
 
上記の少女漫画もだし劇画もなんだけど、
この手の絵は、すごくセンスが問われるというか
一歩間違えると、あっという間に古臭くなってしまう
ように思えてならないのです。
 
161008
例えば、ぐりとぐら。
ニルスのふしぎな旅DVD-BOX【DVD】
例えば、ニルスのふしぎな旅。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
小さなバイキングビッケ。
 
なんでしょうね、もちろん好みで私個人の意見ですが、
シンプルな絵の方がタイムレスに感じました。
そして私はタイムレスなシンプルな絵が好きなのね。
 
今さらながら、自分の絵の好みを明確に把握した(^^;)
 
やはり自分と向き合うって大事だなと思いました。
もうしばらく続けてみたいと思います。
よろしければお付き合いくださいね。
 
ではでは(^^)
 
☆おまけ:
 日本人にロン毛って、なかなか難しいと思う。
 ましてやアフロ!
 でも、最高にアフロが似合う日本人もいますよね。
161204_15
先日放映された関ジャムに、久保田利伸登場!
R&Bについての授業でした。
曲に遊びで、他の曲をオマージュとして入れるとして、
マイケルのROCK WITH YOUがちらっと。
クボジャーはアフロが似合うなあ!

2016年11月19日 (土)

創作の原点回帰 ⑥ 2つのバトン=20161120加筆=

ここまで、先週から続いて創作の原点について

探ってきました。

 
新しい自分、新しい作品を作るため、今一度
自分の土台を見つめ、土を掘り返して柔らかく
することで、良い芽が、良い根が出来るようにと
始めました。
 
そんな中で気づいた、あらためて強く思ったことを
記しておきます。
昭和の懐かしいアニメ達は今回出ませんので
ご興味のない方は素っ飛ばして次回以降へぜひ(^^)
 
 
自分の創作ルーツを探ることは、自分の家系図を
さかのぼることに似ています。
自分を産んでくれた両親、じいちゃんばあちゃん、
そして更に・・・とご先祖さまをたどりたどってゆくと
どれだけ気が遠い歳月の中、命のバトンが
次に次にと渡されてきたのだろう?と。
 
ですが、ここにきて、子供を産むという選択を
してこなかった、そしていずれ、肉体のリミットが
やってくるため、今後もその選択をすることが
ないであろう自分は、長ーい、それこそ何百年
何千年と繋がってきた命のバトンを、次の世代に
渡せないことになります。
 
いや、相当不自然なことをすれば、あらゆることを
犠牲にして時間とお金をかけてチャレンジすれば、
まだ可能かもしれません。
けれど、それは私にとって、はたして幸せなこと
なんだろうか?
昔に比べると、ずいぶんと様々な 生き方も認められるようになりましたが、 まだまだ、成人して子供を持たないことを 苦々しくみる風潮があることも事実です。 今回、こんなことを書いてみたのは、 朝のラジオで妊活を止める選択をされた 方のコミュニティがあることを 取り上げていたことを耳にしたからです。 一人の方は泣きながら、 子供を持たなくても自分らしく 生きてゆけるのにと話されており… どれだけ様々な心ない言葉を、周囲から 投げられてきたのだろうと、本当に 切なくなりました。 話を自分に戻しますと。
世間がどう見るか?よりも、自分自身が幸せか?
そんな不自然なことを多大な犠牲を払ってまで?
 
他のことはともかく、命を授かる、ということは
あまり私は「努力と結果」という言葉を
使いたくはありません。
相当不自然な努力をしても授からない方々も
たくさんおられますし、
こう言ってはなんですが、ろくなもの食ってなくて
ろくな生活してなくっても、授かる人は授かるんですよ。
 
私のご先祖様達は、私にそうまでさせて
何が何でもバトンをつなげさせたいだろうか?と。
 
私だけではなくあらゆる、子供を産む選択を
何らかの事情も含めてなさらなかった方々は、
命のバトンを次の世代に渡せない、
自然の摂理に反する人達なのだろうか?と。
 
弱肉強食がごとく、子孫を残せないのは
生物として弱くてダメ、なのだろうか?と。
 
仮に、ひとまず命のバトンを渡せそうだったけれど、
無念にも若くして亡くなることもあれば、
バトンそのものの寿命も、幼くして・・・ということも
おこりえるわけです。
 
その際、そういう、次の世代に命のバトンを
渡せなかった人達はみな、
罰当たりで存在がムダ、なのでしょうか?
 
否。
 
私は、どんな命も必要で役割があるから、
この世に生まれおちると思っています。
「生まれおちちゃったけど、実は間違い、
 この命意味ありませんでした」は
ないと思います。
 
ただし、命そのものはこの世に生まれおちても、
宿った肉体が次の命を必ずしも宿せるとも
限らないわけで。
それすらも考慮したうえでの、生まれおちた命、
だとしたら。
 
実はバトンには、命のほかに、もう1つ、
別の種類があるのではないか?と思うのです。
 
それは、心のバトンです。
 
次の世代に、命の代わりに、心を渡して
ゆくわけです。
それは「思いやりの心」かもしれないし
「自然を大切にしてゆく心」かもしれないし
「常に何か挑戦する強い心」かもしれません。
 
そのことに思い至ったのは、
自分の創作の原点を探り始めてからでした。
 
そう、私は子供時代に、たっくさんの心のバトンを
先人達から受け取ってきたということに、
今さらながら気づかされたわけです。
 
永遠の機械の肉体がない、限られた命の時間
だからこそ大切にしようという心のバトンを、
銀河鉄道999は私に渡してくれました。
161119999_2
 
地球には人間以外にもたくさんの生き物たちがいて
ジャングルや海を大事にすることは、人間にも
かえってくるんだという心のバトンを、
ジャングル大帝や海のトリトンは、
私に渡してくれたんだな・・・と。
161119_5
 
で、私に心のバトンを渡してくれた先人達もまた、
子供時代に上の世代からバトンを渡されて
きているわけです。
前述のドラえもんや銀河鉄道999の原作者
藤子不二雄(当時はお二人でしたのでこのまま)さん
松本零士さんらは、まさに手塚治虫さんから
バトンを渡され、
手塚治虫さんはウォルト・デイズニーから渡されて
きたわけです。
 
先人達が創作のバトンを渡し続けて
私や当時の子供達は、心励まされたり
ワクワクドキドキさせてもらったり
時に辛いこと悲しいことを和らげて
元気や勇気をもらったりしました。
それこそが、作品に宿した心。
 
例を創作での心のバトンとしましたが、
必ずしも創作ではない、別のバトンも
あるんじゃないかなと思います。
 
それは音楽かもしれないし、
おいしいおにぎりかもしれない。
 
今年2月にお亡くなりになりましたが、
青森県にある森のイスキアという場所にて、
佐藤初女さんという方は、ボランテイアで
心病んでイスキアを訪れた方に、
おにぎりを差し上げておられた。
 
初女さんは何かのインタビューで語られて
いました。
自分に出来ること、お役に立てることは
なんだろう?と。
自分には心があるから、心を役立てようとして
まずはおにぎり・・・となったのだそうです。
 
命のバトンと、心のバトン。
 
私は、命のバトンは渡せそうもないけど、
心のバトンなら渡せるかもしれない、
いえ、渡してゆこう、
創作のルーツを探って、あらためて思いを
強くした次第です。
 

創作の原点回帰 ⑤真内登場・・・小学時代その3

どうもです。

通常は日曜晩に更新しておりますが、所用のため

今回は前倒しで更新です。

先週から、自分の創作の原点を探る旅を始めました。
お世辞にも高尚、ではないのですが、
自分の核になっているものから、
そういつまでも「ベタで恥ずかしい」と目をそむけるのは
やめにしよう、
この際しっかり向き合いましょう、と始めたわけです。
 
単なる回顧ではなく、むしろ未来に向けての新しい
土づくりを意識しております。
 
今回はついに真内が登場!
ある一定世代から上の時代の子供達にとっては
ほぼ教科書並みにお馴染みの、この巨匠。
161119
手塚治虫さんです。
私がどうこう言うまでもなく、日本の漫画界の巨星、
今の漫画の原点ー平面に映画的な画面展開や物語を
繰り広げるという、当時には画期的な新機軸を
打ち出したかたです。
 
今はどうなんだろう、私の子供時代には
クラスに必ず、手塚さんの「火の鳥」と
中沢さんの「はだしのゲン」がありましたけど。
 
まずはジャングル大帝です。
真っ白という希少な、そして幼くして人間社会になじみ、
その視点をジャングルに持ち込んだ主人公のライオン、
レオの物語です。
 
161119_2
そしてリボンの騎士。男性しか王位を継げないという
国家の姫君に生まれおちたサファイア。
いえ、肉体は女性なのですが、生まれる直前の
天国にて、男と女、両方の心を持って生まれて
しまったサファイアの冒険物語です。
161119_3
ポセイドン族に一族をほろぼされた、最期の末裔、
トリトン族のトリトンが広大な海で繰り広げる
戦いと成長の物語です。
医者でもある手塚先生ならではですが、
「変態」といって、ある生物達は、少しづつではなく、
ある一定期間同じように過ごすと、途中まとめて
成長してゆきます。画像となりのちびっこ人魚ちゃんも
いきなり美女に変身しちゃうわけです。
161119_4
例を挙げだすときりがないので、ここでいったん
おしまい。
これはエンゼルの丘。
南太平洋エンゼル島にはたくさんの人魚たちが
暮らしています。その王女ルーナは、祈祷師
ピョーマの策略で島を追放されてしまいますが、
島の平和を取り戻そうとなんとか島に戻り・・・
 
手塚治虫さんは、漫画家である一方、大阪大学
医学部を卒業し、国家試験もパスした、れっきとした
お医者様でもあります。
今でこそ漫画はおおっぴらに日本の文化扱い
してもらいつつありますが、当時はまだまだ
俗、漫画なんて読んでたらバカになる、と
言われた時代。
だからこそ、意地でも医師免許は取られた
そうです。
 
そして、こちらは主にアニメ、特に私にとっては
映画の印象が一番なのですが。
161119999
銀河鉄道999です。
近未来の地球では、肉体を機械化して永遠の
命を手に入れる人々がいた一方、貧しくて
機械の身体を買えない人々もいた。
主人公星野鉄郎は、機械の身体をただで
もらえるという星に連れて行ってくれる
銀河鉄道999にずっと憧れていたところ、
謎の女性メーテルと出逢い、共に旅をする
ことになり・・・
 
そう、
手塚漫画(主に冒険物や海洋もの、動物もの)と
映画、銀河鉄道999。
 
これが私の小学生時代の大切な核の部分です。
あらためて驚いてしまうのは、
いずれも小学校3~4年、年にして9才から10才位
たった2~3年に出逢った作品達なのです。
 
また、これらの作品達を共に味わい楽しんだ
幼馴染もまた、共に机を並べて過ごしたのも
同じ年数だったりします。
 
ほんの幼いころのごくごくわずかな時間に
吸収したものが、自分の心の奥深いところで
しっかりと息づいていたわけで、
まずはそのことに驚いたわけですが。
 
このことで気づかされたこと、あらためて
思いを強くしたことを、次に書いてみようと
思います。

より以前の記事一覧