« 2019年1月 | トップページ

2019年4月

2019年4月 7日 (日)

映画を参考に構成を学ぶ=跳んで埼玉(笑)=

前回新装開店の1月下旬から、まさかの2カ月弱

ご無沙汰です。

その間、

「物語る」について、これまでと違った角度からの勉強を

コツコツ進めていました。

絵を描く人に見受けられるパターン、絵本を作る際に

私も典型なのですが「感性」で物語を創ってしまいがち。

ですが実際には「論理」「構成力」「計算」が必要だったりします。

私はここが本当に弱い。

昨年末、編集者さんにこんこんと説教されてから(号泣)

「構成力」養成ギブスをつけて特訓と相成りました。

まずは、「これだ」という絵本を深く読みこみ分解してゆくこと。

題材は20年以上発行され続けている作品と昔話にしぼっている。

ここはまたいずれ。

機械少年がパソコンやテレビを分解して、仕組みを理解してから

自力で組み立て直すような感じです。

もうひとつは、映画の脚本等をメインに

物語のパターンを学んでゆくこと。

原始時代から、人々は火を囲んで物語を語ってきました。

ギリシャ神話を含め、その物語には一定のパターンが

あると言われています。

家でいう基礎工事の部分をしっかり学び、その上で自分なりの

書きたいこと、世界観を表現していけば、自分なりに

「これまでと同じジャンルだけど、ちょっと違ったもの」が

出来るのでは?と考えました。

我ながら遅まきで情けないんですが…(泣)

例として、今大ヒットしている映画「跳んで埼玉」を挙げるとですね(!)

①その映画を2行位の短文で説明する:

人を映画に誘う時、どんな映画?って聞かれて、

こういう映画だよって答えられるかどうか。

ここが明確イコール伝えたいテーマや見せ場が観客候補に伝わりやすく

興味を持ってもらいやすいということです。

その答えに主人公がどういう人なのかも含まれている。

絵本もそうだけど、映画代も安くないですからね。なるべく失敗は

したくないというのは人情ってものです。

で、跳んで埼玉なら?

「これはフィクションでさ。埼玉県を東京が見下し迫害する時代があってね。

二階堂ふみちゃん演じる都知事の美しく賢い王子様的な息子が君臨するセレブ高校に

Gackt演じる帰国子女が転入して、なぜか最後二人は埼玉を解放するんだよ」

こんなんでどうでしょう?

②ジャンル:バディとの友情もしくはラブストーリーでは。

当初、バディはお互いを嫌っているが、旅をしていくうちにお互いの存在が

必要になる…これも結構お決まりのパターンの一つです。

都民、それも港区あたりの都民であること、権力者を父に持つことに

強い誇りを持ち、人に弱みを見せられなかった、都知事の息子。

一方、埼玉をさげすむくだらない価値観に辟易する帰国子女。

この二人がなぜか惹かれあってゆく…って、これってボーイズラブ!?

③主人公:都知事の息子、壇ノ浦百美。

 前半はとことん埼玉を見下し、差別するが、後半は埼玉を救い

 日本を埼玉にしてゆく計画の推進者となる。

 なぜ埼玉を救うのか?それはネタばれになりますが、Gackt演じる

 帰国子女、麻実麗が実は埼玉県人で、埼玉解放運動の

 リーダーの息子だから…ってなんじゃそりゃ(笑)

 そんな麻実麗を、百美は好きになってしまったから…という

 原始的かつ分かりやすい動機。

 よって、一番葛藤し、変化を強いられるのは、埼玉という異物を

 受け入れようとする百美なのです。

…ってつらつら久しぶりに書いてみたんですけどね。

当初私は、百美の母親役で出演している武田久美子さんを

ひそかに応援しているために観に行ったわけなんですが。

「中途半端にやるといじめになるから、いじるなら

徹底的に!」という、原作者魔夜先生のお言葉通り、

ものすごいディスリっぷりなわけです。通行手形がないと

埼玉県人は東京には入れないとか、その辺の草でも食わせておけとか!

ですが、後半からの埼玉愛が素晴らしい!

なんだこれ、壮大な埼玉ラブムービーじゃねえかよ!

個人的には千葉県ラスボス、市原悦子氏登場シーンが

お気に入りです。

あと、百美と麗が逃げて一休みする池袋(笑)

TOBUとSEIBUのロゴが泣けます。私は都民なのですが

未だにブクロが分かりません…なぜ西口の東武デパート、

東口に西武デパートなんだ!と。

すごーい茶番劇を、ベテラン個性派俳優さん達が熱演、

とりわけGacktさん!存在自体が都市伝説っていうんですか?

彼の登場で「あ、これフィクションなんだなー」って

思わせてくれるのです。

スタッフは、監督が「テルマエロマエ」「のだめカンタービレ」で

お馴染みの竹内英樹監督、他のスタッフも一流揃いで

大変楽しいエンターテイメント映画になっています。

あ、こんな分析抜きにしても、ぜひスカッとしたい方には

おススメ(^^)

久々のアップが映画ネタですみません、次回はちゃんと絵本で

やりますね。

ではでは。

☆おまけ:なんかさ、与野と群馬が実は結構ひどい扱いなんだけど

     大丈夫なのか?ちなみに私は多摩地区の住民なので

     セレブ学校では下の人です(苦笑)

 

 

 

 

 

« 2019年1月 | トップページ