« 絵本寺子屋 =むぎわらぼうし= | トップページ | NHKプロフェッショナル 絵本作家かこさとし »

2018年5月20日 (日)

映画「モリのいる場所」

この週末に不思議な映画を観てきました。

 
 
180520_3
実在の画家、熊谷守一(モリ) を山﨑努さんが、
 
妻秀子を樹木希林さんが演じられた、
 
晩年の夏の一日を描いた物語です。
 
熊谷守一氏は晩年の30年を、東京の自宅から
 
ほぼ一歩も出ず、自宅の庭がまるで小宇宙かの
 
ごとく、日がな一日、草花や虫たちをじっと
 
観察し、夜に画業にいそしまれたのだとか。
 
そもそもは母がこの映画に興味を持ち、
 
予告編にもあったのですが、
 
文化勲章授与の申し出を、熊谷氏が一言
 
「要らない。袴着るのもいやだし、人が(自宅に)
 
たくさん来るのもいやだ」と断ったため、
 
秀子さんは動じず「いらないそうです」と。
 
このシーンの樹木希林さんのたたずまいが
 
本当におかしみがあってリアルで、
 
これはちょっと面白そうだな~と思いまして。
 
正直、樹木希林さんが秀子さんでなければ、
 
この映画の面白みは半減してしまうかも。
 
 
どんな映画?テーマは?何を伝えたいの?って
 
言われると、けっこうこまるタイプの
 
映画なんですが(^^;)
 
わたしが好きなシーンの1つ。
 
お隣にマンション建設が持ちあがります。
 
モリ宅隣にマンションが建つと、庭の日当たりが
 
悪くなり、画業に影響が及ぼされる。。。
 
モリを尊敬する美大生達が反対運動をします。
 
その運動をやめさせてくれ、と、マンションの
 
オーナーと工事現場監督が、モリ宅を訪問。
 
世俗ごとを全て請け負う形で秀子が応対、
 
知らないモリはたまたまトイレにいます。
 
急にもよおした強面の工事現場監督が、
 
トイレでモリとばったり。
 
その時、なぜか工事現場監督は一度
 
引き返し、何やらを持って再びトイレへ。
 
その何やらとは、絵が好きな息子の作品。
 
奥さんは「この子には才能があるから、
 
機会があったら熊谷氏にみてもらえ」と
 
夫である工事現場監督へ作品を託します。
 
もしも、高名な画家であるモリに作品を
 
認められたら、今後息子の教育方針を
 
変えようと思う・・・強面で現場をやりづらく
 
するなと訴えに来た監督の、良き父である
 
一面が垣間見えます。
 
そして、作品を観たモリの一言。
 
「へたですね」
 
「でも、じょうずは先が見えてしまいます。
 
へたも絵のうちです」と。
 
ここから、モリと強面現場監督の奇妙な
 
友情?が芽生えます。
 
モリは決して尊大な人物ではなく、
 
世俗とのつきあいは決して上手では
 
なかったでしょうが、あらゆる生き物に
 
やさしい人なんじゃないか。
 
そして、庭の中の小宇宙あらゆることに
 
楽しみや新鮮さを見出す、子ども心を
 
持ち続けた人なんじゃないか。
 
今は亡き絵描きにちょっと思いを
 
馳せてみた週末でした(^^)
 
 

« 絵本寺子屋 =むぎわらぼうし= | トップページ | NHKプロフェッショナル 絵本作家かこさとし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モリのいる場所」:

« 絵本寺子屋 =むぎわらぼうし= | トップページ | NHKプロフェッショナル 絵本作家かこさとし »