« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月21日 (水)

春分の日

本日は春分の日です。

 
天文観測により、昼と夜の長さが
 
等しくなる日、です。
 
西洋占星術では、太陽が12星座のうち
 
いちばん最初に位置する牡羊座に
 
入ることから、星占い的には「元旦」
 
みたいな日だそうです。
 
本来なら、春めいて「春を分ける」
 
分岐点、区切りのような日なのですが
 
あいにく東京は朝から大雪でした(^^;)
 
180311
3月の絵本の寺子屋では、
 
わたしがもちまわりの分析読み発表の担当を
 
仰せつかり。そのレポートまとめを終日
 
やっておりました。
 
だいちゃんとうみ という、大好きな絵本を選びました。
 
一度取りあげられた絵本は使えないので、
 
何とか自分でやりたいなとひそかに狙っていた作品。
 
一昨年お亡くなりになった、絵本会の重鎮、
 
太田大八 氏の、子ども時代の思い出を詰め込んだ
 
夏休みの一日を題材にした作品です。
 
編集者さんが本作を取り上げたことを思いのほか
 
喜んでくださったのは、挿絵などの著作権について
 
闘って権利を勝ち取ってくださった第一人者が
 
太田大八氏なのだそうで、
 
「みなさんどれだけ感謝しても足りないくらいですよ。
 
昔は挿絵や、絵本の絵を描く人はずいぶん地位が
 
低くて、印税なんて夢のまた夢だったんですから」
 
とのこと。
 
そんなことも含めて、この絵本を選んで良かった(^^)
 
とても地味で静かなお話なのですが、繰り返し読んでも
 
飽きがこない、力強い作品です。
 
こういう作品を自分も創るんだ!とあらためて思う
 
春分の日であります。
 
180321
春はまだですが、心の中だけでも明るい日差しで
 
いっぱいにして、春を呼び込みたいものです(^^)
 
ではでは。

2018年3月11日 (日)

あれから7年

どうもです。

 
1度記事をアップしたものの、内容が盛りだくさん過ぎて
 
反省・・・アップし直すことにしました。
 
7年前の今日、14時46分、東日本大震災発生。
 
被災地はいまだ復興完全!とは言い難いのでは
 
ないでしょうか。
 
希望と、先行き見えない不安とがないまぜな状態。
 
個人レベルでいえば、わたしもですが、それぞれの
 
方々が、あの日あの時、そして、それから少しづつ。
 
思うことがおありだったのではないでしょうか。
 
「震災が転機になりました!」みたいな書き方を
 
するには、あまりに重い現実ですし、
 
人の心はそう簡単には進まないのでは
 
ないでしょうか?
 
新幹線のスピードに体と心はついて行けず、
 
ええ、もう二戸駅ついちゃった?みたいな。
 
はやぶさ速すぎて、なんか妙に疲れるわ~
 
というような・・・。
 
目に見える変化というのは、すぐには
 
現れないけれど。 
 
でも、見えないところでの変化が静かに静かに
 
進んでいれば、そしてそれが少しでも前に、
 
明るい方向に進んでいれば。
 
ゆっくり、でも確実に、未来は良いものに
 
なってゆくのではないかなと。
 
そんなことを思った今日、でありました。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »